ナイチンゲールは働く女性の理想像

フローレンス・ナイチンゲールは、イギリス出身の女性です。看護師として大変に有名ですが、その詳細はご存じない方が多いのではないでしょうか。看護師を表現する言葉として「白衣の天使」というものがありますが、これは彼女を賞賛する言葉がもとになっていると言われています。
ナイチンゲールは1853年に発生したクリミア戦争に自ら志願して看護師として従軍しました。戦地にある病院は衛生状態が悪く、必要な物資も不足しており、これらが原因で死亡する兵士もいました。この状況を改善するために、ナイチンゲールは改善要望を政府の上層部やヴィクトリア女王にまで届けました。
またナイチンゲールは献身的な看護で知られているほか、終戦後には記録を分析して病院の運営や病室の設計にも有益なアイディアを出している人物です。このような実績を持つナイチンゲールは、現代でも看護師を目指す人にとって理想像として認識されています。
しかしその実態は看護にとどまらないリーダー的存在であり、経営者ともいえます。自らがおかれた状況を改善するために意見を出したり、データを分析して効率的な運営を考えることは現代の業務にも幅広く通用する事柄だと思います。
彼女は医療の分野だけでは語れない人物であり、すべての働く女性にとってお手本にできる要素を持っているのです。すべての女性が彼女のような存在にはなれないかもしれませんが、一部分でも取り入れられるところがあるのではないでしょうか。参考サイト>>>http://fnthought.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP